So-net無料ブログ作成
みんなの広場 ブログトップ
- | 次の10件

点字について [みんなの広場]

点字とは、視覚障害者(全盲)が使うことの多い文字で、
6個の点を組合わせて表すものです。

点字は、視覚障害者でフランスのルイブライユが、1825年にフランス陸軍が
暗号として使っていた12点の物を6点に改良して作ったものです。

日本では、1880年に盲学校の教師でもある石川倉次が
6点点字を日本の文字に対応させました。

点字は、あくまでも普通の文字で言えば、カタカナやひらがなと同じと
考えて良いと思います。
50音の一文字を、6点の組み合わせで表し濁音や拗音などは
6点二組で表します。
たとえば、点字を読む側から見て、左側の一番上から1の点、
たてにその下から2の点、3の点と来て4の点は、
右側のたての並びの一番上にあり、その下に向かって5の点、6の点と続きます。
普通の文字で、平仮名やカタカナの「あ」は、左の一番上の1の点で表します。
「い」は、1の点と2の点の二つで表します。
「う」は、1の点と4の点で表し、「え」は、1と2と4の点の組み合わせで、
「お」は、2と4の点で表します。

か行は、上の組合わせに6の点をつけると「か」・「き」・「く」・「け」・「こ」
になり、5と6をいしょにつけると、「さ」・「し」・「す」・「せ」・「そ」になります。
このようにして、「た」行は3と5の点、「な」行は、3の点などと組合わせます。

また、普通の漢字を点字で表した、漢点字といわれるものもありますが、
これはあまり普及していないと思いますのでここでは触れないことにします。


新人デースKY [みんなの広場]

私は、11月10日から、ひかり作業所に、おせわになることになりました者です。どうぞよろしくお願いします。

ここの、作業所の印象は、まずとってもアットホームでそして誰もが、気さくで明るいことです。

通所初日、初めてのところなのでそれなりに、緊張しましたがそれも、すぐになくなりました。

私の、趣味は、音楽を、聴くのもやるのもどっちもとってもだいすきなのです。
この作業所でも、ウクレレを習う時間があるので、とても楽しみです。


読書フェアのお誘い [みんなの広場]

鎌倉もすっかり季節は、秋になりましたね。
そこで皆さんにお知らせがあります。
11月3日まで鎌倉市中央図書館で、読書習慣のひとつとして、図書館フェアを行なっています。
このフェアの目玉は、視覚障害者用の読書機械を展示していることです。(午後からはデモンストレーション有り)
展示される機械は、活字用紙を音声で読み上げる「よむべぇ」とデイジー図書だそうです。
興味のある方は、体験してみて下さい。

清泉女学院のみなさんおめでとうございます。 [みんなの広場]

10月9日、夜7時、NHKテレビのニュースを見て驚きました。
NHK全国学生音楽コンクールで、清泉女学院の生徒さん達が優良賞を受賞したのです。
Nコンと呼ばれているこの合唱で入賞する難しさは、合唱にあまり興味のない人達にも想像できるでしょう。
皆様の努力とがんばりに感服しました。

ある作曲家が「歌が合えば、心はひとつになる」と言ったそうです。
きっと、皆さんの努力と精進と何よりも「心根」がひとつになった結果ですね。

清泉女学院の合唱部のみなさん、本当におめでとうございました。

          ひかり作業所一同より
- | 次の10件 みんなの広場 ブログトップ